前向きの最近のブログ記事

こんにちは。以前にもご紹介したことがあるのですが、お好み焼き千房の中井政嗣社長の著書「できるやんか!」に出てくる言葉です。その前後の文章と合わせてご紹介します。

 

【事業展開真っただ中、知人にお金を貸して踏み倒されたり、保証人になって借金を背負いこんだり、自分はなんて運が悪いのだろう、と思ったこともある。

だが、すぐに気持ちを切り替えて、これは目に見えない大きな力が自分を試しているのだな、まだまだ「学べ」ということなのだな、と前向きに受け止めてきた。

不幸や不運を嘆き悲しんでいるだけでは明日へのバネにはならない。悲観的な考えからは前進の発想は生まれない。中心者が暗ければ周りも暗くなる。もっというと、花には蝶々が飛んでくる。ウンコに飛んでくるのはハエだけである。「泣きっ面に蜂」、泣いたらアカン!

「災い転じて福となす」という言葉があるが、「禍」を「福」となすもなさないも、要は自分のとらえ方、つまり、「心」次第だと思うのだ。】

 

最近、自分としてもネガティブなほうに気持ちが傾いていたように思います。自分の周りに何が起ってもすべて自分が招いていること。「自分は、花になって蝶々を呼び込みたいし、花から見たときに蝶々と思われたい」とも思います。一瞬ぼやきたくなる時もあるでしょうが、それは自分の心の中で消化し、人さまの前でぼやくことはやめることを宣言します!

 

http://www.c-hory.co.jp/

 

前向きに!

user-pic
0

こんにちは。このブログは基本的に毎週日曜日に更新しているのですが、私にとって一週間を振り返るちょうどいい機会にもなっています。一週間の間には本当に様々なでき事があり、特になにもなかったなと思うことはまずありません。事業活動をしている以上、当然のことではありますが、新しい出逢いを頂いたり、楽しいこと、嬉しいこと、失敗もあり、反省すべきこともあり…。

 

先日、営業、工務、品質の各担当者を集めての社内勉強会を実施しました。

私からのメッセージとして、「日々の業務の中で『問題』と思えるようなことが起こってくるかとは思うが、『問題』として捉えるのではなく『課題』として捉えて前向きにクリアしていこう!」ということを話しました。

私としては、『問題』と『課題』、この二つの言葉の持つイメージを、どちらも厳しい現実なのですが、

問題:前向きに捉えられず、困った、厄介だ で終わってしまうようなイメージ

課題:解決に対して前向きに捉えているイメージ

という感じを持っています。(国語的に正しいかはわかりません…。)

もちろん、「問題」と思えるようなことが起こる前に、今後浮かび上がるであろう「課題」を想定し、対策をうっておくべきなのですが…。いずれにしても、前向きに!取り組んで行きたいと思います。

http://www.c-hory.co.jp/

前向き: 月別アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち前向きカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは利他の心です。

次のカテゴリは天王寺思い出通りです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。