2011年10月アーカイブ

明るさ

user-pic
0

こんにちは。今日は久しぶりに“ここでは絶対に買わない!”と思わせるお店に出会いました。店内に入っても誰も出てこず、こちらから声をかけた店員さんに対応をしてはもらいましたが希望の品がないことが分かっても“今、無いですねぇ”の一言で終わり…。管理職クラスの年齢の方でしたが、何と言っても覇気がなく暗い…。その後、その店のライバル店に行きましたが、店員さんの明るい笑顔、はきはきした対応にすごく好感が持て、そこで買ってしまいました。

 

“商売は人柄やでぇ”という船場吉兆初代当主の言葉を以前ご紹介したことがありますが、商売人にとって「明るさ」はすごく重要なファクターだと痛感しました。

 

ところで、商売という言葉で思い出しましたが、NHKでオンエアされた『神様の女房』は観られましたでしょうか?『松下グループの創業者であり、「経営の神様」とも言われる松下幸之助氏と、その活躍を陰で支え、「もう一人の創業者」とまで称された松下むめのさんご夫妻の、波乱に富んだ人生を描いたものです。』とNHKのHPで紹介されています。私は、ビデオを録りだめしていてまだ観ていないのですが、すごく楽しみにしています。(見逃した方は有料ですがNHKオンデマンで観ることができますよ)

https://www.nhk-ondemand.jp/share/search/#/%E7%A5%9E%E6%A7%98%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%88%BF//1/0/

 

 

user-pic
0

こんにちは。

 

かなり涼しくなってきましたね。近頃、現場パトロールや外回りのときに金木犀(きんもくせい)の花の香りにふと気づき、秋がやってきたことを実感しています。花の香りの中では一番好きな香りなので、少し嬉しく思います。我々を苦しめる台風はもうやってこないと祈りつつ…。

 

最近、人の生死について考えさせられる状況がいくつか重なりました。自分もすでにアラフィフ。まだまだ若いつもりですが、鏡を見たときに「老けたなぁ…。」とか「誰やこのオッサン…。」と思うようになりました。あと何年生きられるのかは、“神のみぞ知る”というところでしょうが、やはり人生を終えるときに良い人生であったと自分でも思い、家族をはじめ周りにも思ってもらえれば素敵ですね。そのためには、日々の努力と感謝でしょうか。さぁ、明日からもがんばるぞ!

http://www.c-hory.co.jp/

こんにちは。今日は名古屋市北区にある金神社にお参りに行ってきました。 http://www.tenman.jp/index.html

使い終えた財布を納めることができるとのことで、我が家から古い財布、小銭入れをもって行き納めてきました。

 

また、“銭洗い”といって、お金や宝くじを洗い清めることもできます。私もずっと財布に入れてある旧500円札、100円札をお清めしました。

 

銭洗いの場所には、お礼まいりで当選したくじのコピーがいっぱい貼ってありましたが、中には「1億円当たりました。ありがとうございました。」というものもありビックリ!! 御利益が授かれば本当にありがたいですね。

 

写真は授かったお守りです。おまもり.JPG

 

http://www.c-hory.co.jp/

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。